企業看護師について

企業看護師とは?

「企業看護師」という仕事

文字通り、「企業で働く看護師」のことを指します。普通のクリニックや病棟などの外来や病院業務とは全く異なり、医療機器の導入教育や医薬品開発に関わる事務的な仕事を行います。この他にも、企業内での保健室のような場所で働いたり、電子カルテの開発や医療用具などの導入を行ったり、治験施設支援機関で治験コーディネーターとして働いたり、医薬品開発業務の委託企業などで臨床開発モニターとして働く場合もあります。

  • SMO(治験施設支援機関)における治験コーディネーター(CRC)
  • CRO(医薬品開発業務委託企業・機関)における臨床開発モニター(CRA)
  • 企業内の保健室で働く看護師
  • 教育担当・予防医学に関する健康相談担当者など
  • 電子カルテの開発や医療機器・用具の導入

仕事の内容

あまり聞き慣れない仕事内容が多いのですが、多くの看護師さんが企業看護師として第一線で活躍をしています。

治験コーディネーター(CRC)

臨床試験実施にあたり、臨床試験が適正に行われているかどうかを監視し、患者に対しての治験の説明や、治験のスケジュール管理、各種データの収集・管理などを行います。治験担当医師の指示のもとで、医学的判断を伴わない治験業務の支援を行う専任スタッフです。治験の準備に関して、インフォームドコンセントの取得などがあります。また、被験者の心のケアなどの、医学的判断を伴わない被験者に係わる業務や、担当している治験実施施設の治験進行状況や症例報告書のデータの内容をまとめたりする業務もあります。

臨床開発モニター(CRA)

臨床試験の実施に際して、治験契約、モニタリング業務、CRFチェック・回収、治験終了の諸手続き等が適正に行われているかどうかを監視する業務を行います。確認する為に訪問する担当者の総称。治験担当医師に対する詳細説明や治験進行中のモニタリングのほか治験データの回収を主な仕事とする。

企業内の保健室で働く看護師

企業内の社員さんの健康管理や健康指導のお仕事です。通常、土・日・祝日休みがほとんどで、時間の区切りもしっかりとしており、残業は殆どありません。社員が元気に働ける環境の支えとなるため、それがやりがいとなる場合もあります。

  • お仕事の例
    • 診療外来補助(内科、精神科)
    • 栄養指導補助、休養室メンテナンス
    • 社員の健康診断フォロー
    • 特定健診・特定保健指導の計画策定および実施など

企業看護師になるメリット

企業看護師の特徴としては、残業や夜勤がほとんどないこと、土・日・祝日休みがほとんどのところが多いことが挙げられます。そのためプライベートも充実させることができるほか、企業が運営しているので安定して長期間働けるといったメリットもあります。
給与面では、その企業によって条件が大きく異なるので、大手企業では病院勤務の場合より高い給与がもらえる可能性もあります。だからこそ、企業選びは慎重に進めたいものです。

企業看護師へ転職するには

企業看護師になるためには、保健師の資格があること、ワードやエクセルが使えることなどが条件になることもあります。また、臨床経験・医療知識・コミュニケーション能力を重視するなど、 企業によって採用条件が異なるため、自分のスキルや条件にあった企業を探すことが大切です。

しかし、競争倍率が高い人気の求人であり、前任者の欠員による採用の場合が多いので、なかなか通常の転職サイトなどに情報が掲載されることもありません。そこで利用したいのが、 厚生労働省認可の人材紹介会社。その中でも看護師の紹介を得意とする会社には、ハローワークや通常の転職サイトなどでは見つからない企業看護師の求人募集が集中しているため、一般企業の医務室や治験関連企業の看護師といった、 なかなか見つからない人気求人情報も入手しやすくなります。

企業勤務の場合、看護師や保健師が一般に働く病院や市町村機関とはまた違った、面接対策や採用のためのポイントがあります。人材紹介会社を利用することでプロのコンサルタントが専任でついてくれるので、「職務経歴書はどうやって書けばいい?」「面接ではどんな事を聞かれる?」「そもそも自分のスキルで採用されるの?」といった疑問に答えてくれるだけでなく、転職活動における様々な場面で的確なアドバイスをしてもらえるのも、人材紹介会社を利用する大きなメリットです。

給与面では、その企業によって条件が大きく異なるので、大手企業では病院勤務の場合より高い給与がもらえる可能性もあります。だからこそ、企業選びは慎重に進めたいものです。

PICK UP/ 特集

夜勤常勤の求人

月9回~のみ、年収550万円~

訪問介護の求人

残業無しで高給与
ブランクも応相談の求人有り